デザイン別コーナー集

開口枠のデザイン集

 室内の開口部につける木製の装飾枠は、いくつものパーツを組み合わせてデザインする、コマチ家具オリジナルの部材です。とくに、ドアなどの建具をつけない開口部につけると、その奥に見えるシーンを切り取るフレームのような効果があります。木に塗装を施した部材なので、本物の素材ならではの上質な空気をインテリアにプラスすることができます。


 

2つのテイストの「見切り」として

手前の重厚でクラシカルなインテリアと、奥の軽やかなインテリア。異なる2つのテイストが隣接しても唐突な感じにならないよう、見切りとしての役割を果たしています。

この実例をもっと見る場合はこちら

シーンを切り取るフレームとして

奥に見える部屋を美しいシーンとして切り取るフレームのような役割を果たしています。自然と視点が奥へと誘われ、空間に奥行きが感じられます。

この実例をもっと見る場合はこちら

期待を感じさせる「特別」な入り口に

ドア1枚分の開口部につけた例。実は、キッチンへの出入り口ですが、あえて装飾することで生活感を感じさせず、リビングの雰囲気を損ねないようにしました。

この実例をもっと見る場合はこちら

襖をとってオープンにした部屋の見切りに

ダイニングと和室の間にあった襖戸をはずし、奥にあった和室が木製の開口枠でフレーミングされたダイニングに続くリビングに変身。開口枠をつけることで、2部屋の間にあった下がり壁がデザインのように見えます。

この実例をもっと見る場合はこちら

開口枠越しに見える洗面室が美しい

LDからキッチンを抜けて洗面室へ抜けられる間取りになっているKさんのお宅。LDから開口枠越しに見える洗面室が美しく、カーテンはいつも開けたまま。見せたくなかった場所が、見せたい、見ていたい場所になりました。

この実例をもっと見る場合はこちら

実用としても美しく活用できる部材

洗面室の天井に洗濯物を一時干しするための真ちゅうのポールを付けていますが、ポールを取り付けた梁は部屋の開口枠に使っている部材。手が届く高さにするための調整と、空間の美しさを両立させる、少し変わった使い方です。

この実例をもっと見る場合はこちら

ページトップへ
【WORKS】施工例
  • デザインリフォーム実例
  • 新築プロデュース実例
  • インテリアコーディネート実例
  • コーナー別デザイン集
  • File1 ベッドヘッドのデザイン集
  • File2 開口枠のデザイン集
  • File3 ステンドグラスのデザイン集
  • File4 洗面所のデザイン集
  • File5 トイレのデザイン集
  • お客様の声