インテリアコーディネイト実例

File1 神奈川県 T邸  分譲マンション

撮影/森安 照

家族構成/2人
住居形態/分譲マンション(3LDK)
コーディネート箇所/L.D.K.、和室
入居年/1987年

  • 玄関・廊下
  • リビング・ダイニング キッチン
  • 和室

家具・照明のコーディネートとプチリフォームで住み慣れたマンションが理想のインテリアに

 20年以上前に新築で購入した分譲マンション。まだコマチ家具を知る前、壁紙やじゅうたんの張り替え、お風呂や洗面所を新しくするリフォームを行いました。そのすぐあと、お嬢さん夫妻がコマチ家具で住まいをリフォームすることになり、その素敵な仕上がりを見てショックを受けたそうです。自分の家はリフォームしたばかりなので、少しずつコマチ家具でペルシャ絨毯やアンティーク家具、照明を買い足しました。ところが家具の配置や組み合わせなどがむずかしく、「やっぱりリフォームしないと素敵にならないのかな…」と思ったといいます。家具の搬入に訪れたインテリアデザイナーの田野口淳子が家具の配置を少し直したところ、部屋がよくなりそうな感じがしたため、Tさんはインテリアコーディネートを依頼することに。手持ちの家具を活かしながら、プラスすべきもの、整理すべきものをアドバイスされるので、効率よく着々と素敵になっていく部屋。最後に、和室のペイントとキッチンを隠すプチリフォーム、オーダーカーテンなどで仕上げました。「うちがこんなに素敵になるとは思っていませんでした」とTさん。大がかりなリフォームをしなくても、インテリアコーディネートで部屋が素敵になるという好例です。


 

マンションの玄関は家具を置くほどスペースに余裕がなく、無機質な印象になりがちです。そんな玄関を、家に帰ってきたときほっとできるような空間にするため、壁に飾る絵、照明、敷物でコーディネートしました。

玄関に入ると、アンティーク照明の温かみのある光と、照明、敷物で落ち着きのある空間が待っています。

ページトップへ

天井が高く、景色のいい窓へと視線が抜けるリビング・ダイニング。細長い空間のため、くつろぐコーナーとダイニングコーナーを分けやすい間取りです。数年前のリフォームで、壁のクロスとカーペットの張り替えを行っていました。そこで、家具の配置や向きなど、素人では思いつかないインテリアコーディネートをコマチ家具に依頼し、手持ちの家具を活かしながら、部屋を素敵にすることに成功しました。

こつこつと買い集めてきたアンティーク家具や照明を置いたリビング・ダイニング。家具の配置や向きを決めるのが難しく、部屋が散漫な印象に。

横長の窓を上飾りつきのカーテンでデコレーションしたことで部屋の背景ができました。そのため、ややボリュームのある二人がけソファを、窓を背に置くことができ、手前のダイニングと奥のリビングコーナーがわかりやすくゾーニングされました。部屋の見せ場もわかりやすくなり、手前と奥の重なりが美しいハーモニーを生み出しています。

最初、二人がけのソファを壁側に、一人がけを窓側に置いていました。上飾りつきのカーテンで窓に縁取りをつけたことで、二人がけのソファを窓の前に置いても落ち着くようになりました。「インテリアは、1つ変えたら全体を見て調整する必要があります。固定観念にとらわれず、どうすればその空間が素敵に見えるかを客観的に見る目を養うことが大切です」とインテリアデザイナー。

マンション購入時、「サンルーム」という名称になっていた窓辺のコーナー。バランス(上飾り)をつけたドレープカーテンと、ベージュのレースカーテンで陰影のある雰囲気たっぷりの空間に。

ダウンライトをアンティークのシャンデリアに変えて、絵やグリーンでコーディネートしたら、意図的に梁で仕切ったような素敵なコーナーになりました。

ミラーバックサイドボードがリビングとダイニングを分ける役目を果たしています。ダイニングテーブルの上にもアンティークのシャンデリアを。

以前から英国スタイルが好きだったというTさん。コマチ家具に出会う前に買ったというマントルピースを、ダイニングコーナーの見せ場としてしつらえてもらいました。

以前はダイニングとキッチンの間はハッチが開いていたので、レースカーテンやグリーンを並べてキッチンを隠していました。

ハッチにステンドグラスの窓を付けるプチリフォームをし、ダイニングがすっきりしました。

レースカーテンで目隠ししていたキッチンのハッチ。カウンターとしての使い勝手もよくなかったので閉じることに。

キッチンの明かりとりとして、ステンドグラスのスライド窓をつけ、その下は収納に。大好きな音楽のCDがたっぷり収納できました。

キッチンからリビング・ダイニングを見たところ。シンクの前に置きたい洗剤などもダイニングから見えてしまいました。

ダイニング側に取り付けた収納の一部は、キッチン側の小物置きスペースになっています。手元を隠しながら、さっと取り出したいものも置いたままにでき、一石二鳥です。

ページトップへ

ピアノを置いている和室は、数年前のリフォーム時に白いビニールクロスに張り替え、畳もフローリング調のクッションフロアに替えていました。ふすまを開ければダイニングに続いている部屋なので、洋室とも違和感なくマッチするコーディネートを目指しました。

好きな家具を置いていたものの、和室特有の造作とアンティーク家具とのコーディネートが難しかった部屋。

壁をビニールクロスの上からグレイッシュグリーンにペイントしたら、家具がしっくりと馴染みました。

押入れのふすまもペイントし、一人がけの椅子とオットマンを置いて、リラックスできる空間に仕上げました。

ページトップへ

 

【WORKS】施工例
  • デザインリフォーム実例
  • 新築プロデュース実例
  • インテリアコーディネート実例
  • File2 神奈川県 T邸
  • File2 神奈川県 S邸
  • File3 神奈川県 YK邸
  • File4 東京都 T邸
  • コーナー別デザイン集
  • お客様の声