デザインリフォーム実例

File3 静岡県 A邸    マンション

撮影/森安 照

家族構成/夫婦
専有面積/61.86㎡(18.71坪)
住居形態/マンション
住居購入年/2008年
初回リフォーム時築年数/築3年
施工/長瀬工務店G.C.

  • 玄関・廊下
  • リビング・ダイニング キッチン
  • 寝室
  • ゲストルーム
  • 洗面室・トイレ

セカンドハウスのマンションをリフォームで心解き放たれる非日常の空間に

 月に数回、ご夫婦でゆっくり過ごすセカンドハウスとして、自然に囲まれた土地にマンションを購入したAさん。リゾートマンションとはいえ、内装はいたってシンプルでした。そこで、以前からご夫婦そろってファンだったというコマチ家具にリフォームを依頼しました。
 見所はベッドルームです。Aさんは自宅でアンティークのベッドヘッドボードを使っているため、セカンドハウスでは気分が変わるように、コマチ家具のオリジナルデザインで造作しました。「決して広い部屋ではないのですが、ここにくるたび、わくわくしますし癒されます。以前は、広くなくては居心地のいい部屋は作れないと思っていましたが、広さではありませんね。狭くてもいい部屋は作れるのですね」とAさん。イギリスのアンティーク家具とアンティーク照明、壁紙とカーテンで、周囲の景色とも調和しながら非日常感を楽しめる大人のリゾート空間になりました。


 

収納は充実していたものの、デコレーションが難しかったシンプルな玄関。そして、なぜかクランクがある廊下。まずは廊下の凹凸をなくし、動線も見た目もすっきりとリフォーム。フローリングも明るい色に張り替えました。玄関ホールの小窓にはステンドグラスの内窓をつけて、明かりをとり込みながら味気ない網入りガラスを隠しました。


玄関ホールの照明をはじめ、住まいの照明をすべてアンティークの照明に変えました。

玄関ホールには採光と通風を兼ねた小窓が2つあり、シルバーのサッシと網入りガラスが寒々しい印象でした。

サッシにはアンティークステンドグラスの内窓をつけ、ホールにはマホガニー材のアンティークキャビネットを置きました。壁付けのブラケット照明に照らされた、目を引くコーナーになりました。

玄関からリビングへつながる廊下。凹凸があって動線があまりよくありませんでした。

間取りを少し変えることで動線がすっきりした廊下。天井が低いため、壁紙の張り分けラインを高めにして伸びやかな印象に。リビングドアはアンティークステンドグラス入りのものに、天井のダウンライトもアンティークの照明に変えました。

ページトップへ

大きな窓から外の景色を楽しめるリビング・ダイニング。せっかくのセカンドハウスなので、いつもとは気分を変えられるようなインテリアを目指してリフォームしました。半透明のアクリル扉だけでベッドルームと仕切られていたので新たに壁を設け、輸入壁紙やアンティーク家具、間接照明によって、都会の喧騒を離れ落ち着いてくつろぐための、大人のリゾート空間をつくりました。


まるで外国へ旅しているかのような気分になるリビング・ダイニング。セカンドハウスなので日用品が最小限ですむため、ここにいる間、存分にリラックスできるようにデコレーションしました。

シンプルな内装だったので、インテリアも生活感のある日常的な雰囲気になっていました。

エアコンは天井埋め込み式に変え、お気に入りのものだけに囲まれたインテリアに。アンティーク家具は、マホガニー材の脚のついたものや小ぶりなものを選び、軽やかさを出して。

窓からは緑豊かな景色を楽しめる部屋。

外の緑が鮮やかに見える黒いレースカーテンを採用した窓辺。白いレースカーテンよりも落ち着いた雰囲気に。

リビング・ダイニングとベッドルームが半透明のアクリル扉で仕切られていました。

壁をつくってテレビを置くスペースを確保。ベッドルームへの明かりとりと、リビングに圧迫感を出さない工夫として、壁の上部にアンティークステンドグラスの小窓をつけました。

 

その小窓はスライドして開けることもできます。「ソファに座って、少し開けた小窓からベッドルームの照明が見える、このシーンが大好き」とAさん。

ガーデンファニチャーを置いたゆとりのあるベランダ。「気候がいいときにはここで朝食をいただいたり、お風呂あがりに風にあたるのも気持ちがいいんですよ」とAさん。カーテンに切り取られたシーンが絵葉書のよう。

折り上げ天井のあるコーナー。以前はこの壁にテレビを置いていました。

リフォーム後はここをダイニングコーナーに。折り上げ天井を生かすため、その中心にシャンデリアをつるし、大きなメダリオンをつけました。シャンデリアの中心とダイニングテーブルの中心を合わせたかったので、壁には家具を置かずミラーだけをつけました。

以前のテレビのコーナー。

ダイニングコーナーにしたので、カップボードとトレーテーブルを置きました。

廊下に面しているキッチン。扉もなく丸見えでした。

リビングとベッドルームを仕切っていたアクリル扉を、キッチンの目隠しとして再利用しました。

ページトップへ

リビングとアクリル扉で仕切られていたベッドルームを、壁で仕切って落ち着いて安眠できる個室にしました。見所は、コマチ家具がオリジナルで造作したベッドヘッド。寝室の壁がコンクリートなので照明の配線などが難しかったこともあり、ブラケット照明つきのウォールパネルのようなつくりにしました。アンティークのヘッドボードを採用しているというご自宅の寝室とはガラリと雰囲気の違う演出に、Aさんも大満足。


天然木で作られたボードにペイントを施したヘッドボード。

廊下から見た寝室。決して広いスペースではないので、置いているのは最小限の家具だけ。それでもヘッドボードが部屋の見せ場になり、迫力のあるインテリアになりました。

半透明のアクリル扉で仕切られていたため、フレキシブルさはあるものの落ち着かない雰囲気だった寝室。

壁を作ってアンティークステンドグラスの小窓をつけました。朝はこの小窓から光が差し込みます。

ページトップへ

以前は1LDKだったため、ゲストが泊まるときは「旅館みたいに、フローリングに布団を敷いて寝ていました」とAさん。縦長だったベッドルームを仕切って、小さいながらもゲストルームを作り2LDKにしました。


ブルーとピンクをテーマカラーにした、女性に人気が高いというゲストルーム。シングルベッド1台とベッドサイドチェストしか置けないコンパクトな部屋なので、壁紙と照明でかわいらしく。壁紙に色柄があるので、ベッドヘッドの壁は白いレリーフのウォールプラークでデコレーションしました。

壁紙はウィリアム・モリスの「ゴールデンリリー」という柄。最近、人気の高いキャンドルスタンド形のシャンデリアをテーブルランプに。

 

ベッドに入ったときに見える照明もアンティークランプ。ガラスシェードはテーマカラーに合わせてピンクをチョイス。

ページトップへ

水回りは設備がまだ新しいので、壁紙とミラー、照明、アクセサリーでイメージチェンジ。シンプルなデザインの設備を生かしながら、ほかの空間との調和も考えました。


洗面室はアジアンスタイルの香りがするインテリアでした。

洗面台はシックな天板をそのまま残し、扉材を白いモダンな面材に取り替えました。壁紙とミラー、照明、タオルかけなどのアクセサリーをあらたにコーディネートして、ほかの部屋とも似合う雰囲気に変えました。

グリーングレーのシックな色調でコーディネートしたトイレ。壁紙の模様の中から選んだ1色で、腰板をペイントしました。

ページトップへ

 

【WORKS】施工例
  • デザインリフォーム実例
  • File1 田野口宅
  • File2 神奈川県 K邸
  • File3 静岡県 A邸
  • File4 神奈川県YK邸
  • File5 東京都Y邸
  • File6 神奈川県 M邸
  • File7 埼玉県 K邸
  • File8 静岡県 K邸
  • File9 神奈川県 S邸
  • File10 神奈川県 Y邸
  • File11 神奈川県 F邸
  • File12 東京都 K邸
  • File13 東京都 さちみりほ邸
  • File14 東京都 A邸
  • 新築プロデュース実例
  • インテリアコーディネート実例
  • コーナー別デザイン集
  • お客様の声